大人ワンピースのLAfume公式通販サイト

新規会員登録 / ログイン

カシュクールワンピ

バレリーナの練習着のニットをルーツとするデザインで、前身頃を着物のように掛け合わせてウエストで細いひもで巻き付けるデザインが特徴です。

現在は、ワンピースからブラウス、ハーフトップなど、様々な総丈の前あきで打ち合わせを持つ女性用上衣に広く使われていいます。
ワンピースの場合は一枚布で仕立てることも可能で、体に巻きつけるようにして後ろ身頃を前立て側にまわし、腰のあたりでラップスカートと同様な方法で紐やリボン、ボタン、ピンなどで固定すします。
この他、襟元のみが打ち合わせになっていて、その下が縫い合わされて前に開きを作らず、被りで着用するプルオーバー型のものもカシュクールないしカシュクールタイプと呼ばれています。
縫い合わせの位置は、アンダーバストからウェスト、さらに裾のものまでいろいろあり、アンダーバストの場合は、打ち合わせになっているのはほんの数センチほどで、デザイン上のアクセントといえます。
この他、短い丈で羽織って着用し、左右の前立てをリボンのように結び合わせるタイプのトップスもカシュクールと呼ばれています。

ラップ型の衣料として、緩めのリラックスウェアや重ね着用として仕立てられることが多いですが、紐の調整が可能で、デザインによってはタイトにもできます。
さらに、襟元の開きの幅や深さによってはセクシーさを演出することも可能です。
また、サイズ調整や胸元を開けることが容易なため、マタニティウェアや授乳用の衣類としても用いられるています。

カシュクールワンピースの特集を見る
カシュクールワンピ

大人めワンピース

気になる体型もカバーできる、大人めワンピース

一枚でさらりと着られるほか、さまざまな着こなしができてカジュアルからフォーマルまで対応できる万能アイテム、ワンピース。大人の女性にもよく合う上品なデザインのものも多く販売されています。 一枚でファッションのメインとなってくれるワンピースですが、気になるのが「着たときに体型がどう見えるか」という点。特に通販で購入すると、試着できない分、届いて実際に着てみると意外と太く見えて、気になる部分が強調されてしまう、ということも。 ここでは、通販でも失敗しない細見えワンピースのポイントをご紹介します。
二の腕をあまり見せたくない、という方におすすめなのが、バタフライスリーブ。たっぷりとしたドレープは、二の腕をうまく隠してくれる上に、女性らしい優美なシルエットにしてくれます。 上品でエレガントなバタフライスリーブワンピースは、まさに大人の女性にぴったり。ドレッシーなデザインのものも多いため、デートやパーティーなど、華やかな場面でも活躍してくれます。
一枚ですらっと着るワンピースで気になるのが、下腹のぽっこりやヒップのライン。 気になる部分を目立たせずに、すらりとしたシルエットに見せたいという方におすすめなのがペプラムワンピースです。ハイウエストで絞っているため、ウエストの細さを強調しながら気になる下腹を広がった裾で隠し、さらに気になるヒップもカバーしてくれるという優れものです。スカート部分は台形やタイトなデザインになっているものが多く、女性的で優美なシルエットになります。 裾のところで上下のカラーリングや柄が変わっているものはそれだけでコーディネートがばっちり決まりますし、同じ場合はセットアップのような雰囲気が大人っぽいコーディネートになります。フォーマルなシーンにもぴったりの、大人の女性にうれしいワンピースです。

大人めワンピースの特集を見る
大人めワンピース

インポートワンピース

開放的になりたいならインポートワンピース。

海外でデザイン製造されたインポートものは、ボディラインを綺麗に見せてくれます。 国産ワンピースは体型をカバーするものが多い傾向にありますが、インポートワンピースは体型を大胆に見せる傾向があります。外国人は、多少お腹が出ていても多少脚が太くても、気にせずに大胆なデザインの洋服を着ていることが多く、「外国人らしいなぁ」と思ったことがあるでしょう。でも、その外国人の姿を見て、女性らしくセクシーだなぁと感じこともあるはずです。 インポートワンピースは、大胆なデザインのものが多いので、開放的な気分を味わいたいときや、リゾートにおすすめです。

日本人がデザインして、製造する国産ワンピース。 日本人が日本人のために作るものは、日本人ならではの体型をカバーすることができるものが多くあります。日本人は、外国人に比べ手脚が短く寸胴な体型の傾向にあり、このような体型にコンプレックスを持つ方も多く、外国人には「日本人はコンプレックスの塊である」と言われることも……。国産ワンピースは、このような体型をカバーするようなデザインのものが多く存在しています。ハイウエストなものは脚を長く見せてくれますし、Aラインのものならお腹回りやお尻回りをカバーすることができます。 ワンピースによって、コンプレックスをカバーしたいという方には国産ワンピースがおすすめです。

インポートワンピースの特集を見る
インポートワンピース